五十肩 治療なら衝撃波治療が有効☆

2021年08月7日

五十肩とは?

正式名称を肩関節周囲炎といい、肩の関節の部分に炎症が起きている状態です。症状としては以下の様な症状が特徴です。

肩が痛くて挙がらない
夜に肩が疼く
背中に手を回せない
髪を結ぶ動作ができない
1年以上も肩の動きが悪い

また五十肩には段階があり、炎症期と慢性期に分かれます。

 

五十肩(炎症期)

動かさなくても痛い、痛い部分が熱を持っている、夜疼く様な痛みがあり寝れないといった症状があげられます。ある日を境に発症し、2W~1か月程続く事があります。

五十肩(慢性期)

疼きは収まったが、肩関節の可動域制限があり動かすと痛い、物を持ったまま腕を上げることが出来ないといった症状があり、発症から1年~2年痛む事もあります。

 

炎症期や慢性期では治療法や処置が変わりますので注意が必要です。

肩こり

五十肩の治療法と治療のタイミング

上記に述べたとおり、現在の状態によって変わってきます。

炎症期では肩の痛みのある部分を冷やすことが大事です、またその部分の回復力を高めるために鍼治療や超音波治療を行い、炎症を早期に押さえ込んでいきます。

当、整骨院では五十肩に有効な【ショックウェーブ治療】をお勧め致します。

ショックウェーブ治療【衝撃波治療】とは

機械から衝撃波を発生させ患部に照射していきます。五十肩の原因である、固まった筋や腱、靭帯に衝撃波を照射し、組織を細かく破壊させます。
細かく破壊された組織は5日間程かけて新しく新生されていきます。
新生された組織は柔軟性に富んでいる為、伸縮性があり可動域の邪魔をする事なく肩の動きを回復させる事ができます。

五十肩に対してのショックウェーブ療法は多くの方が6~10回の施術で80%程の改善を実感されています。

 

※女性の方は、専用のお洋服にお着換えして頂き、施術致します。

五十肩は一度なると二度とならない訳ではありません、お辛い症状を改善し、良い状態をキープ出来るよう早めの治療をオススメします。

 

詳しくは当院のホームページをご覧下さい。

神戸市中央区三宮にある 三宮整骨院KAIオフィシャルホームページはこちら