四十肩、五十肩、石灰沈着性腱板炎

このようなお悩みはありませんか?

  • 腕が挙がりにくい
  • 夜に肩がうずく
  • 背中に手が回らない、痛む
  • 髪を結ぶ動作が辛い
  • 高いところの物が取れない

五十肩の原因とは?

  • 長時間の同じ姿勢で仕事をしている
  • 姿勢が悪い
  • 運動不足
  • 重度の肩こり
  • 腕を動かす事が多い

四十肩や五十肩の呼び名は相称で本来は【肩関節周囲炎】といいます。

肩関節の周囲の筋や、腱、関節が何かしらの原因で炎症が起こり痛みや可動域の制限を引き起こす事をいいます。

原因は不明と言われていますが、いくつかの傾向があります。
まずは姿勢の悪さが関係してきます。

ねこ背や、前傾姿勢は、肩が前方方向に引っ張られ、筋の前後のバランスが崩れます。
肩関節の周りの筋緊張や身体のバランス(姿勢)
乱れによって、首、肩に余計な負担がかかってしまい
痛みや可動域制限が発生
する事が多くみられます。

可動域に制限がかかり続けた状態で動かし続けるとどうでしょう?

関節に過度の負担がかかり、その部分に炎症が起こります。
【肩に金属疲労のようなストレスがかかるイメージです】

肩関節周りの筋肉の緊張や関節の間に無機物(カルシウムやカリウムなど)が沈着してしまい、固まった状態を【石灰沈着性腱板炎】といいます。
【石灰沈着性腱板炎】の場合、激しい痛みや急激に可動域がなくなる事が多くみられます。
夜間痛=夜に肩が疼いて寝られない症状が多くみられる事も特徴としてあります。