四十肩、五十肩、石灰沈着性腱板炎

   

このようなお悩みはありませんか?

  • 腕が挙がりにくい
  • 夜に肩がうずく
  • 背中に手が回らない、痛む
  • 髪を結ぶ動作が辛い
  • 高いところの物が取れない

五十肩の原因とは?

  • 長時間の同じ姿勢で仕事をしている
  • 姿勢が悪い
  • 運動不足
  • 重度の肩こり
  • 腕を動かす事が多い

四十肩や五十肩の呼び名は相称で本来は【肩関節周囲炎】といいます。

肩関節の周囲の筋や、腱、関節が何かしらの原因で炎症が起こり痛みや可動域の制限を引き起こす事をいいます。

原因は不明と言われていますが、いくつかの傾向があります。
まずは姿勢の悪さが関係してきます。

ねこ背や、前傾姿勢は、肩が前方方向に引っ張られ、筋の前後のバランスが崩れます。
肩関節の周りの筋緊張や身体のバランス(姿勢)
乱れによって、首、肩に余計な負担がかかってしまい
痛みや可動域制限が発生
する事が多くみられます。

可動域に制限がかかり続けた状態で動かし続けるとどうでしょう?

関節に過度の負担がかかり、その部分に炎症が起こります。
【肩に金属疲労のようなストレスがかかるイメージです】

肩関節周りの筋肉の緊張や関節の間に無機物(カルシウムやカリウムなど)が沈着してしまい、固まった状態を【石灰沈着性腱板炎】といいます。
【石灰沈着性腱板炎】の場合、激しい痛みや急激に可動域がなくなる事が多くみられます。
夜間痛=夜に肩が疼いて寝られない症状が多くみられる事も特徴としてあります。

神戸市中央区にある 三宮 鍼灸整骨院KAIの五十肩・石灰沈着性腱板炎の施術法

【ショックウェーブ療法】

体外衝撃波という音速を超えて伝わる、圧力波を使ってアプローチを行う施術法です。

衝撃波を皮膚の上から患部に照射する方法で、痛みを感じる自由神経終末という神経を細かく破壊し、変化させたり、血管の新生や再生、組織の再生を促すことで慢性的な痛みを軽減する施術です。【難治性疾患】といわれる症状に有効とされています。
五十肩や石灰沈着性腱板炎には筋や腱、石灰部分の固くなっている組織を衝撃波で破壊する事により痛みの緩和、可動域の改善につながります。

本来は、腎結石や尿管結石などの体内の石を粉砕する際に使用されてきた治療法でしたが、
昨今海外の整形外科では【五十肩】【石灰沈着性腱板炎】【鵞足炎】【足底筋膜炎】【腱鞘炎】【シンスプリント】といったいわゆる難治性疾患(病院へいっても経過観察等なかなか改善しない症状を指す)へのアプローチに有効とされている治療法で、日本の整形外科や整骨院ではまだ導入している院が極めて少ない施術法です。

なぜ効果的なのか?どれくらいで良くなるのか?

<除痛効果としての役割>

1. 痛みを発生させている場所に照射し、自由神経終末という神経を細かく破壊し、痛みの緩和を図ります。

2. 痛みに関わる筋肉や靭帯、腱など、動きを妨げている部分を細かく破壊し、その後に柔軟性のある組織を再生させる事で痛みを再発させない効果があります。

3.組織が新しく再生されると痛みを誘発することなく良い状態になる。

※効果には個人差がありますが、多くは6~8回ほどの施術で疼痛が60~80%改善しております。

※施術には痛みを伴う事もありますが、無理がない程度で施術を行っております。