野球肘・ゴルフ肘・テニス肘

   

このようなお悩みはありませんか?

  • 野球、ゴルフ、テニスで肘が痛む
  • 病院で野球肘、ゴルフ肘、テニス肘だと言われた
  • 肘の内側、外側が痛い
  • 肘の痛みがなかなか改善しない
  • 長年、肘の痛みで悩んでいる

肘の痛み、症状にもいくつかに分類されます。
このページでは以下について詳しくご案内致します。

①外側上顆炎【ゴルフ肘、テニス肘】

②内側上顆炎【野球肘、ゴルフ肘、テニス肘】

 

①外側上顆炎【ゴルフ肘、テニス肘】

外側上顆炎とは手のひらを天井に向けた際に肘の外側にあたる部分(外側上顆)に炎症が起こっている状態をいいます。

主に反復する力が外側上顆に伝わり続ける事により、骨の部分に炎症を引き起こす症状で、【ゴルフ】【テニス】などのスポーツや、仕事で頻繁に物を持ち運びするような使い過ぎでよく起こります。
・肘を動かすと痛む 
・肘を触ると痛い 
・手に平を下にして物を掴む、持ち上げると痛む 
この様な症状が特徴です。

 

②内側上顆炎【野球肘、ゴルフ肘、テニス肘】

内側上顆炎とは手のひらを天井に向けた際に肘の内側にあたる部分(内側上顆)に炎症が起こっている状態をいいます。

主に反復する力が内側上顆に伝わり続ける事により、骨の部分に炎症を引き起こす症状で、【野球】【テニス】【ゴルフ】などのスポーツや、仕事で頻繁に物を持ち運びするような使い過ぎでよく起こります。
・肘を動かすと痛む  
・肘に内側を触ると痛い 
・手に平を上にして物を掴む、持ち上げると痛む 
この様な症状が特徴です。

 

ほおっておくと長引く肘の痛み

肘の痛み【外側上顆炎】【内側上顆炎】は日常の中で反復される動きで起こる【使い痛み】が多く、中々日常で制限をかける事が難しい症状だと言われています。

少しマシになっても使うとまた痛む・・・
スポーツ、趣味を我慢する事が出来ない・・・
いつまで制限をかければいいのか・・・

病院や整骨院に行っても確実な対処法はなく、上記の様な事を思っている方も多くいらっしゃいます。

三宮 鍼灸整骨院KAIの肘の痛みに対する施術とは?

三宮にある三宮 鍼灸整骨院KAIでは【内側上顆炎】【外側上顆炎】に対して痛みを解消する為に有効な施術機器を導入しております!

①ショックウェーブ療法(体外衝撃波、衝撃波療法)

ショックウェーブ療法とは肘の炎症が起きている組織に【衝撃波】を使い組織を細かく破壊する事により、炎症組織の【新生】をさせたり【組織の自己治癒力を促進】させる効果が期待できます。
新生とは、組織を新しく作り変える事で、炎症組織が新生されれば痛みの解消に繋がります。

まずはショックウェーブで痛みの解消を図ります。

 

②痛みの原因を根本からアプローチ

ショックウェーブで痛みの解消ができましたら、痛みが出た原因を根本からアプローチしていきます。
【外側上顆炎】や【内側上顆炎】は肘の炎症から起こりますが、肘に負担をかけていた原因が解決できていなければ、再発リスクが高まります。

三宮 鍼灸整骨院KAIでは筋肉の調整や背骨・骨盤の歪みに着目し、整える事により、再発も予防致します。

どれくらいで良くなるの?

【外側上顆炎】【内側上顆炎】であれば、個人差はありますが、ほとんどの方が6~8回前後で痛みが解消しております。
※必ずしも施術を補償するものではございません。

まずはカウンセリングをさせて頂き、あなたに合った施術法をご提案させて頂きます。

肘の痛み【外側上顆炎】【内側上顆炎】にお困りなら、是非!三宮 鍼灸整骨院KAIへご相談下さいませ。