ドケルバン病(手首の腱鞘炎)

このようなお悩みはありませんか?

  • 手首の腱鞘炎で困っている
  • 産後に手首が痛くて辛い
  • タオルを絞る動きで激痛が走る
  • 物をつかむのも痛い
  • 病院でドケルバン病と診断された

ドケルバン病

手首の腱鞘炎(周囲の炎症も含む)の事を言います。
特に手の親指を動かす腱に発生する事が多くみられます。まれに他の腱鞘炎も併発する事があります(ばね指等)。

手首の腱鞘炎
手首にある
①短母子伸筋腱
②長母指外転筋腱
③腱鞘(腱が通る筒の様な組織)
この①~③がこすれて炎症を起こした状態が【ドケルバン病】といいます。

どの様な方が【ドケルバン病】になるのか?

親指をよく使う方
スポーツ等で手首を固定したりよく使う方
産後の育児中の方
糖尿病の持病を持つ方
更年期の女性

上記のような方に多く見られます。

ドケルバン病のテスト法

以下の写真の様な動きをして手首に痛みがあれば、【ドケルバン病】を疑います。

ドケルバン病テスト

執筆者:柔道整復師
三宮 鍼灸整骨院KAI 院長 池田祐介

整骨KAI御影院 院長 池田祐介

今までの経験や実績を踏まえ、三宮の地でも多くの方を救済できればと思っております。

詳しくはこちら