自賠責保険 交通事故

2023年02月2日

神戸市中央区にある三宮 整骨院KAIです。

今回は交通事故に遭った時の健康保険自賠責保険の違いについてお話いたします。

健康保険と自賠責保険

健康保険病気怪我に対して使える保険です。風邪の時に病院へ行って治療を受けた際、ぎっくり腰になって整骨院で施術を受けた際など医療機関にかかるほとんどの場合使用されます。

健康保険には負担割合というものがあり、1割、2割、3割と年齢や所得、扶養によって異なり、負担割合に応じた料金を患者さまが支払います。

医療機関にかかる時に健康保険を使えない例外があります、それが交通事故にあった際の治療です。

交通事故に遭われた際は原則健康保険は適応できず、自賠責保険の適応範囲内になります。※例外有り

自賠責保険とは

自賠責保険は別名【強制保険】とも言われ、バイクや自動車などを購入した際、運転するときには必ず加入する事が義務付けられている保険です。
もし自賠責保険に加入していない、若しくは期限が切れてしまった状態で運転し、それが発覚した場合、法律で罰せられますので自賠責保険に加入することと、期限が切れないよう気を付けることが必要です。

自賠責保険は人に対する補償になります。自賠責保険は【対人賠償保険】ともいわれており、交通事故で相手を怪我させてしまった際に、相手の怪我に対しての補償となります。

もし自分が交通事故に遭って治療を受ける際は、相手の自賠責保険の保障を受ける事になります。

交通事故で【むち打ち】【腰痛】【背中の痛み】がでた場合、整骨院で治療を受ける事ができます。自賠責保険を使用した際にかかる治療費は【0円】になります。

自賠責保険の補償には治療費、交通費、休業損害、慰謝料があります。詳しい内容は当院のホームページをご覧ください。

交通事故にあったらいつでも交通事故の補償を受けられるわけではなく、交通事故治療を受ける為の手続きやタイミングが大事です。
交通事故に遭われたら一度、神戸市中央区にある三宮 整骨院KAIへご相談下さいませ。

交通事故

2023年01月29日

むち打ち症

先日の雪の影響でいつも以上に安全運転を意識した方が多いと思いますが、交通事故で一番多い怪我がむち打ち症になります。

むち打ち症にお困りの際は、神戸市中央区にある三宮整骨院KAIへご相談下さいませ。

今回は事故の時に起こるむちうち症状についての知識をお教えいたします。

交通事故のむちうち

むちうち症状とは

むちうち症状が起こる機序ですが、事故によって身体の全身(特に首)に強い衝撃が加わり、鞭がしなるように首に負荷がかかりそれによって筋肉や関節、神経を痛めてしまいます。

頭痛、腰痛、神経症状、めまい、吐き気、不眠といった症状が併発する特徴があります。

初めは軽い張り感や無症状の事もありますが、事故後1~2週間経ってから症状が悪化する事もよく見られます。

なので事故後、初めは痛みもないので病院で検査を受けなかったり、ほったらかしにする方もいらっしゃいますが、必ず医療機関の受診をお勧め致します。

どこに受診したらいいか分からない方は当、整骨院提携の整形外科をご紹介させて頂きますのでお気軽にご相談下さいませ。

 

むちうち症状の治療法

治療法も事故直後と事故後日数が経過してからではアプローチ法も変わってきます。事故直後の場合は身体全身が強い衝撃を受けており、全身の様々な箇所を痛めている可能性が高い為、アイシングや物理療法(電気での施術)、鍼施術を行います。

 

事故から日にちが経っている場合は、状態を確認し後遺症が残らない様、身体の歪みを整え、筋緊張を緩和させていきます。

 

神戸市中央区にある三宮 鍼灸整骨院KAIは交通事故症状に特化した施術法、治療法を提供致します。

当院は日本あんしんサポート協会に所属しており、交通事故の様々な症例やトラブルにも対応致します。
交通事故でお困りの方を様々な面からサポートできるよ日々精進しております。
交通事故でむちうち症状にお困りの方は、神戸市中央区にある 
三宮 鍼灸整骨院KAIにご相談くださいませ。

電話でも公式LINEからでもご相談可能です。

メインイメージ

神戸市中央区にある三宮 鍼灸整骨院KAI オフィシャルHPはこちら

神戸市で交通事故救済、口コミNO,1|むち打ち専用HPはこちら

【JR神戸線 三ノ宮駅より徒歩30秒】

【阪神本線 神戸 三宮駅より徒歩1分】

【阪急神戸線 神戸 三宮駅より徒歩1分】

三宮 鍼灸整骨院KAI

〒650-0021

神戸市中央区三宮町1丁目7-18 M.H.BLDG 11F

078-333-1122

ドゥケルバン病(腱鞘炎)

2023年01月23日

産後の方や、パソコンのタンピング動作が多い方々で、一度お耳にされたことも多いかもしれません。今回は腱鞘炎についてお話させていただこうと思います。

腱鞘炎とは

母指(親指)を広げると手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

症状

手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズにいかなくなり、、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ることが多いです。

注:短母指伸筋腱は主の母指の第2関節を伸ばす働きをする腱の1つです。
  長母指外転筋腱は主に母指を広げる働きをする腱の1つです。

母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷み、さらにそれを動かすことによって、悪循環が生じると考えられています。
特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じることが大多数です。

検査

母指と一緒に手首を小指側に曲げると痛みがいっそう強くなることで、痛みの有無を検査します(フィンケルシュタインテスト変法)。
正しくは母指を写真のように小指側に牽引したときに痛みが強くなることで痛みの有無の検査を行います。(フィンケルシュタインテスト)。

当院の治療について

当院の治療は、鍼灸治療ハイボルテージ治療体外衝撃波治療器手技療法、独自の整体施術、超音波治療等を用いて、患者様個々の症状に合わせて症状緩和を目指します。

症状改善にお悩みや、他の治療院に通われている方々でお悩みの場合は是非、お問合せ下さい。

三宮 鍼灸整骨院KAI

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目7-18 M.H.BLDG 11F

当院HPはこちらクリック

腰痛を繰り返す方へ

2023年01月20日

こんにちは!
神戸市中央区三宮鍼灸整骨院KAI です。

皆様は体調いかがでしょうか?
最近は昼間と夜の温度差が大きいです。くれぐれもお身体にはご自愛ください。

本日のお話は『腰痛』について、さらに『繰り返しの痛み』について説明していきます。

 

腰痛とは

腰痛には様々な原因があります。椎間板からくる症状。筋肉による症状。内科的なもの等、鑑別も施術にはとても大切になります。
その中でも今回は『ぎっくり腰』にフォーカスしたいと思います。

 

 

ぎっくり腰とは

腰が急に「ギクッ」となって、激痛が走り動けなくなるところまでは、テレビや漫画で見た経験がある人も多いのではないでしょうか。この俗にぎっくり腰と呼ばれているものは、正式には急性腰痛症と言います。急性腰痛症は、いきなり腰部に痛みが走る病気で、関節捻挫や筋肉の損傷、筋膜の炎症などが起こった時の症状を言います。

youtsu_man-197x300

 

なぜぎっくり腰h繰り返す?

ぎっくり腰は時間の経過とともに痛みもなくなります。しかし、痛みがなくなる=治ったとは少し違います。
ぎっくり腰の損傷部位は筋肉の深部のことが多くあります。深部の筋肉=インナーマッスルは回復に時間がかかります。痛みはなくなっても損傷部位は完全には回復してないことも多いのです。
回復していない状態で動かしすぎるとまた痛みが出てきてしまいます。ぎっくり腰を再発させないために必要なのは深部の『筋肉』です!!

 

 

ぎっくり腰を予防する筋肉

ぎっくり腰を予防するために必要な筋肉はいわゆるインナーマッスルです。
その中でも特に重要な筋肉は『腸腰筋』『腹横筋』などのインナーユニットといわれる筋組織です。
これらの筋肉を鍛えることによって安定した腰周りを構築することができます。

 

 

どうすればインナーユニットを鍛えることができる?

三宮鍼灸整骨院KAIではKAI式体幹トレーニングを行っています。

レッドコードを使っての体幹トレーニングはしっかりとインナーユニットを鍛えることが可能です!

KAI式体幹トレーニング

レッドコードトレーニングの詳しくはコチラ

 

 

腰痛を繰り返す方はインナーマッスルが弱ってる場合が多々あります。しっかりとインナーマッスルを再教育しなければなりません。

他院にはない¨治療×トレーニング¨に特化した神戸市三宮の鍼灸整骨院KAIの体幹トレーニングを是非、お試しください!!

腰痛から解放され、快適な日々を過ごしましょう!!

三宮鍼灸整骨院KAI

神戸市三宮の鍼灸整骨院KAIのオフィシャルホームページはコチラ

交通事故 腰痛 

2023年01月14日

今回は、もし交通事故に遭ってしまった際、その後に起こりやすい腰痛について説明します。

交通事故の腰痛は首のむち打ち症状、頭痛に次いで多く訴えられる症状で、交通事故による衝撃が腰部に加わると、腰の筋肉や関節付近の組織を痛めるケースが多いです。

正式名称を腰椎捻挫といい、重症な方は立ち上がることや歩くことが困難になるケースも。

また交通事故の腰痛の特徴として事故後1~2週間経ってから症状が増悪することも多いです。その為、「元々腰に違和感がある、腰痛がある方」は事故による腰痛ではないとご自身で判断され、交通事故の治療を受けるタイミングを逃してしまい、結果的に自費で治療を受けられている方が多い現状も多々あります。

 

交通事故による腰痛は事故後の初期治療が重要になってきますので的確な知識を持った者による事故後のお身体に合う治療を行う事が大切です。

神戸市中央区三宮にある 三宮 鍼灸整骨院KAI は交通事故症状に特化した知識と治療法を備えた治療院です。特に急性腰痛、腰椎捻挫の治療を得意としており、交通事故患者様から高い評価を頂いております。

また、交通事故のご相談も承っており、交通事故の手続き、事故に遭われてからの対処法など患者様が安心して治療を受けられるようサポートさせて頂いております。

 

交通事故でお困りの方は一度神戸市中央区三宮にある 三宮 鍼灸整骨院KAI にご相談下さいませ。

詳しくは当院のホームページをご覧ください。

当院HPはこちら〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目7-18 M.H.BLDG 11F

交通事故ページはこちら

交通事故後の対応も掲載しております。

交通事故治療を受けられた方のお声

2023年01月10日

こんにちは。三宮鍼灸整骨院KAです。

今回は、実際に当院に交通事故治療で通われていた患者様から頂いたお声をご紹介します。

 

交通事故治療を終了された患者様の声

 ・患者様M様のお声

交通事故後、首、肩、腰の痛みが生じ来院しました。

保険会社とのやりとりや、今後の経過など不安がとても強かったのですが、定期的に丁寧に説明して頂き安心しました。

院内も清潔で、女性スタッフの方も在籍されており、とても通いやすかったです。

しっかりと施術をして頂き、趣味のランニングも再開することが出来ました。今後も身体に不調が生じた際にはお世話になろうと思います。

 

・患者様N様のお声

交通事故にって遭ってしまい、頸椎捻挫等の様々な辛い思いをしていたことから、改善の為に整骨院を探していた所、口コミの評価が良かったのでこちらでお世話になることにしました。

何もかもが初めての事だったので、最初は不安でいっぱいでしたが、施術だけでなく、保険に関する事まで色々と詳しく教えて下さったので、安心して施術を受ける事ができました。

また院内も明るく、清潔感があり、スタッフさんもいつも明るく元気でとても印象が良かったです☆また機会があればこちらでお世話になりたいと思います。

 

交通事故後に大切な事・・・

事故に遭われたら、まず警察に電話しましょう。

絶対に!その場で示談などしてはいけません!!

何故かというと、交通事故に遭われた患者様のほとんどが事故後、

2~10日程で症状が現れる事が多く、事故後すぐにはお身体が興奮しているのもあり、痛みを感じない方が殆どです。

ですから事故後、身体の痛みも無いし、警察呼ぶほど大げさな事はしなくてもいいかな・・・・・とお互いが示談してしまうと、後日痛みが出現しても治療費を相手に請求する事はできません。

交通事故を起こした、遭われた方は、必ず警察に電話し事故処理をして下さい。

 

事故処理が終わってから何をすべきか・・・

事故処理が終われば整形外科に行き身体の検査をしてもらいましょう。

症状がある、無いにせよ病院で検査、診断を受ける事は非常に大事になってきます。事故後10日以上経過してから病院に行っても事故との因果関係が認められなくなります。

交通事故でのお身体の症状に対する補償は自動車保険の中でも自賠責保険といわれる保険を使用します。

事故後10日以上経過してから病院を受診した場合、自賠責保険を使用した補償を受けられる確率はかなり激減しており、その場合身体の治療は自己負担で受けなければならなくなってきます。

当院も今までこのケースで泣き寝入りをしている患者様を何度もみてきました。

こちらとしましても事故後すぐにご相談頂ければアドバイス、サポート等させて頂きますが、どうしようもないケースもあります。

最低限、必ずこの2つは守って頂ける様お願い致します。

 

事故処理が終わった後は?

三宮 鍼灸整骨院KAIにご連絡して下さい。
当院は交通事故患者様 救済実績500人突破!

後遺症の残らない施術が定評です。交通事故症状に特化した設備、技術を提供致します。

神戸市中央区で交通事故、むち打ちにお困りの際は三宮駅より徒歩30秒にある三宮 鍼灸整骨院KAIへ♪

JR三ノ宮駅より徒歩30秒にある三宮 鍼灸整骨院KAI 交通事故治療専用ページはこちら

JR三ノ宮駅より徒歩30秒にある三宮 鍼灸整骨院KAI オフィシャルページはこちら

 

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °
 
 
三宮 鍼灸整骨院KAI
住所:
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目7-18
M.H.BLDG 11F
078-333-1122
 
 

肩の痛みについて…

2023年01月5日

明けましておめでとうございます。

三宮 鍼灸整骨院KAIです。本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、皆様、肩の痛みに悩まされたことはございますか??

特によく耳にする五十肩について、お話させて頂きたいと思います。

五十肩とは、肩関節の運動障害と痛みが現れることです。医学的には”肩関節周囲炎”と呼びます。

五十肩は、50歳代を中心とする40〜60歳代に多くみられ、特別な原因がなく発症するとされています。主な症状は片側の肩のみに痛みや運動障害がなどで、ときに日常生活に支障が生じるほどの強い痛みが現れることがあります。

多くの場合は運動療法や薬物療法などの保存療法によって改善することができます。自然に治ることもありますが、進行すると肩関節の動きが悪くなる肩関節拘縮こうしゅくや凍結肩といわれる状態になることがあります。

原因

五十肩の明らかな原因は分かっていませんが、加齢に伴い骨・軟骨・靱帯・腱など関節の組織に炎症が起こることによって生じると考えられています。そのほか、運動不足や寒さによって血液の循環が悪くなると、五十肩が発症しやすくなると考えられています。

症状

五十肩の症状は、五十肩の進行に応じて急性期、慢性期、回復期の症状に分かれます。

急性期の症状

五十肩が発症してから約2週間までを急性期といいます。急性期では、運動時だけでなく、安静時や夜間でも肩に痛みが現れます。このとき、肩の痛みを気にしてあまり動かさないようにすると、肩の動く範囲が徐々に狭くなる原因になってきます。

慢性期の症状

急性期を経て慢性期には、肩の痛みは徐々に軽減します。しかし、この時期はまだ肩の動く範囲が狭いままで、この状態は約6か月続く場合があります。

回復期の症状

慢性期が約半年ほど経過すると、回復期に入ります。回復期に入ると、関節の痛みや動きが徐々に軽快していきます。

自然治癒の場合、この3つの段階を経て回復するまでには、通常約1年前後かかるといわれています。しかし、半数の患者は、痛みや可動範囲が制限されることが平均して7年も続くといった報告も…。

 

三宮 鍼灸整骨院KAI ではショックウェーブといわれる体外衝撃波を用いる事により、五十肩の中でも難治性と言われる、石灰沈着性肩関節炎やなかなか進歩がなく癒着や拘縮を繰り返す、五十肩に対して治療を行います。

またショックウェーブだけでは対処療法となる為、運動療法や手技療法を用いて再発防止、また症状の改善を目指します。

肩症状でお悩みの方々は是非お問合せ下さいませ。他症状に関しましても、扱っておりますので、小さなことでも構いません。是非ご連絡、ご相談お待ちしております。

本年もどうぞ、三宮 鍼灸整骨院KAIを宜しくお願い致します。

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目7-18 M.H.BLDG 11F こちら

 

そのしんどさ、姿勢の悪さが原因かも!?

2022年12月28日

この様な症状でお悩みではありませんか?

kansetsutsuu_kubi

・長年、肩こりに悩まされている

・頭痛が頻繁に出る

・痛み止めの薬を飲んでも治まらない

・姿勢が悪いと人によく指摘される

・マッサージや整体に行っても良くならない

・筋力低下が気になる

・綺麗な姿勢で立つ事ができない   etc・・・・

上記に一つでも該当する場合は神戸市中央区三宮にある鍼灸整骨院・整体院KAIにご相談下さいませ。

数多くの整体院や整骨院がある中でなぜKAIが選ばれるのか・・・

それは当院の治療コンセプトが根本的に症状を改善させる根本治療だからです。

神戸市中央区三宮にある鍼灸整骨院・整体院KAIの
治療コンセプトとは

根本治療=原因追及×構造改善×body innovation

①原因追及・・・症状の原因を特定させる為に、姿勢を画像診断したり徒手検査や筋肉量を測定し原因をしっかりと追及します。

②構造改善・・・KAI式筋肉調整で症状の原因の筋緊張を緩和させます。その後、背骨・骨盤矯正を行い骨格の歪みを整えます。

③body innovation・・・

身体改革という意味です。今まで治療などで構造改善をしても、良い状態の維持が難しかったり、根本からの症状改善が見込めなかった方もいらっしゃると思います。その様な方は改善された良い状態を維持させる筋力が足りないことが多いため、構造改善と合わせて筋力トレーニングを推奨いたしております。

トレーニングの中でも当院は体幹トレーニングを主に提供しており多くの患者様を根本改善へ導いた実績があります。

 

症状がない方でも姿勢を良くしたい、プロポーションを改善したい、ダイエットしたい、加齢による筋力低下をどうにかしたいなど、多くの患者様が来院されております。

上記に該当されたらまずはお電話でもご相談下さいませ。

 

治療の流れ

①問診にてしっかり状態を伺います。姿勢や動きなどを確認させて頂き、状態を写真に撮り患者様自身にも治療前の状態をみて頂きます。

②整骨院はレントゲン撮影や投薬治療などはできません。

その代わり徒手医学といい、徒手で実際に状態に触れ、動きなどを確認し、筋肉や関節にアプローチをかけていきます。

ボキボキしたりする矯正などは行いません。身体に負担が一番かかりにくい治療法を使い、関節にアプローチをかけ、歪みを整えます。

③治療の評価を行い、治療前、治療後の状態を眼で身体で体感して頂きます。

お身体を診させて頂き根本改善までの治療計画もその時に説明させて頂いております。

 

神戸市中央区三宮にある鍼灸整骨院・整体院KAIオフィシャルHPはコチラ!

肩こりについて詳しくはコチラ!

猫背・姿勢矯正について詳しくはコチラ!

 

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。

【阪神本線 JR神戸線 阪急神戸線 各三宮駅より徒歩3分】

〒650-0021

神戸市中央区三宮1丁目7-18 M.H.BLDG 11F

☎078-333-1122

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。

 

交通事故治療 腰痛

2022年12月23日

こんにちは、神戸市中央区三宮にある 三宮 鍼灸整骨院KAI です。

 

今回は、もし交通事故に遭ってしまった際、その後に起こりやすい腰痛について説明します。

 

 

交通事故の腰痛は首のむち打ち症状、頭痛に次いで多く訴えられる症状です。

交通事故による衝撃が腰部に加わると、腰の筋肉や関節付近の組織を痛めてしまいます。

正式名称を腰椎捻挫といい、重症な方は立ち上がることや歩くことが困難になってしまいます。                                        また交通事故の腰痛の特徴として事故後1~2週間経ってから症状が増悪することも多いです。その為、「元々腰に違和感がある、腰痛がある方」は事故による腰痛ではないとご自身で判断され、交通事故の治療を受けるタイミングを逃してしまい、結果的に自費で治療を受けられている方が多い現状もあります。

 

交通事故による腰痛は事故後の初期治療が重要になってきますので的確な知識を持った者による事故後のお身体に合う治療を行う事が大切です。

 

神戸市中央区三宮にある 三宮 鍼灸整骨院KAI は交通事故症状に特化した知識と治療法を備えた治療院です。                                   特に急性腰痛、腰椎捻挫の治療を得意としており、交通事故患者様から高い評価を頂いております。                                       また、交通事故のご相談も承っており、交通事故の手続き、事故に遭われてからの対処法など患者様が安心して治療を受けられるようサポートさせて頂いております。

 

交通事故でお困りの方は一度神戸市中央区三宮にある 三宮 鍼灸整骨院KAI にご相談下さいませ。

 

詳しくは当院のホームページをご覧ください。

 

神戸市中央区三宮にある 三宮 鍼灸整骨院KAI オフィシャルホームページはこちら

神戸市中央区三宮にある 三宮 鍼灸整骨院KAI 交通事故治療ホームページはこちら

 

 

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。

【阪神本線、阪急神戸線、JR神戸線 各線三宮駅より2分】

 

〒650-0021

神戸市中央区三宮町1丁目7-18 M.HBLDG 11F

☎078-333-1122

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。

 

腰痛とは…???

2022年12月16日

三宮 鍼灸整骨院KAI

皆様、腰痛とは一体どんなものを指す言葉かご存知ですか??

日本の成人の90%が、なんらかの機会に経験しているという腰痛。実は、腰痛とは病気の名前ではなく、腰からくる痛みや張りなどの不快に感じる症状の総称です。このうち、画像診断や血液検査などで痛みの原因が特定できるものを「特異性腰痛」、原因がはっきりしないものを「非特異性腰痛」といいます。

腰痛のうち原因が特定できるのは実は…約15%

直立二足歩行をする人間は、からだを垂直に保ち、重い上半身を下半身で支える必要があります。そのため、どうしても腰に大きな負担がかかってしまいます。つまり、腰痛は直立二足歩行を行う人間の宿命のようなもの。とはいえ、すべての人が腰痛に苦しんでいるのかといえば、決してそうではありません。腰痛になりやすいかどうかは、生活環境や生活習慣、ストレスなどが大きく関与している可能性がすごく高いです。
特異性腰痛とは、画像検査による診断や診察で原因が特定できる腰痛です。腰痛の原因はさまざまで、原因を特定できるのはわずか15%程度といわれています。残りの約85%は、検査をしても痛みの原因となる異常が見つからない非特異性腰痛です。突然腰に激痛が走るいわゆる「ぎっくり腰」も原因の特定が難しく、非特異性腰痛に該当致します。

  • その1ぎっくり腰

    椎間板などの腰の組織のケガであり、腰椎捻挫(ようついねんざ)または、腰部挫傷(ようぶざしょう)と言われています。

  • その2椎間板ヘルニア

    椎間板が突出あるいは脱出し、座骨神経の始まる部分である腰の神経(主に神経根)が刺激されることにより症状が生じる疾患です。若年~中年層で起こる頻度が高くなっています。座位での姿勢で過ごすことが多くなっており、座位姿勢では腰部椎間板にストレスが一番生じるとも言われております。

  • その3腰部脊柱管狭窄症

    腰骨(腰椎)が年齢とともに変化し、腰の神経(神経根および馬尾(ばび))が圧迫されることで起こります。歩いている途中で一次的に歩けなくなるといった間欠跛行(かんけつはこう)などが代表的な症状です。

  • 非特異的腰痛とは、原因が特定できない腰痛のことを言い、腰痛を伴う腰椎疾
    患の85%を占めると言われています。それは、そのほとんどに神経症状が無いため、MRIなどの検査では腰痛の原因が分からないからです。言いかえれば、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などでは無い、ただの腰痛というわけです。
    原因には、いろいろなものが考えられますが、次のような種類があるといわれてい
    ます。

    1)筋・筋膜性腰痛 2)椎間板性腰痛3)椎間関節性腰痛4)仙腸関節性腰痛

これら上記の症状ではいくら柔らかくしても症状改善=根本改善には繋がりにくいです。

痛みを出す関節の動きや、なぜそのような逸脱した動きになるか。を探り出し、関節運動の再構築や、筋肉活動の再教育、筋力低下を招いている筋肉に対してトレーニングや、神経の伝導が伝わりにくい筋肉には、しっかりとトレーニングを重ねる・正常動作の獲得を目指す必要性があります。

三宮鍼灸整骨院KAIでは、独自の整体施術や骨盤矯正、運動療法を用いて根本改善を患者様の合わせて目指していきます。

運動療法が気になる方、どのような運動をするのか。気になる方はこちら

小さなお悩みでも構いません。今一度お問合せ、お電話の方お待ちしております!!

三宮 鍼灸整骨院KAI

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目7-18 M.H.BLDG 11F 

1 2 3 4 5 10