坐骨神経痛(足の痺れ)

   

このようなお悩みはありませんか?

  • お尻や足が痛い
  • 病院で坐骨神経痛と診断された
  • 足がしびれる
  • 整形外科でリハビリを受けても改善しない
  • 坐骨神経痛に悩んでいる

坐骨神経痛とは

腰から足にかけて伸びている神経が、何らかの影響により圧迫、絞扼を受けお尻から足にかけて【痛み】【痺れ】【感覚麻痺】【筋力低下】が起こる症状の事をいいます。

歩くとお尻から足に痛みがある
腰を反らせると足に痛みが出る
長時間立っているとお尻が痛む
お尻や足が冷たく感じたり、灼熱感がある

この様な症状が特徴的です。

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の原因は様々ですが大きく以下に分けられます。

①腰椎椎間板ヘルニア
②梨状筋症候群
③脊柱管狭窄症

 

①腰椎椎間板ヘルニア

背骨の一部である、腰椎(腰の骨)にストレスがかかり続ける事により、腰椎の間にある椎間板に異常が起こり神経を圧迫して出る坐骨神経痛症状の事を指す。

椎間板ヘルニア専用ページはこちら

②梨状筋症候群

お尻の坐骨(座位時に椅子と設置するお尻の部分)付近に走行している筋肉のトンネル(梨状筋)が何らかの原因で固くなり坐骨神経を締め付ける事により、足の痛みやお尻の痛みを出現させる症状を指す。
デスクワーク等で座りっぱなしの状態が続いている方、加齢により筋繊維が固くなっている方に多く見られます。

③脊柱管狭窄症

背骨の後ろにある靭帯が肥厚(分厚くなる)したり、加齢により背骨と背骨の間が狭くなり椎間板が突出する事により神経を圧迫し、坐骨神経症状を引き起こす状態を指す。
特徴としては、10分程歩くと、お尻や足に痛みが出現し、少し休むと軽減する。
背筋を伸ばすと痛みが出現するといった特徴がみられます。

 

三宮 鍼灸整骨院KAIの坐骨神経痛施術とは?

①問診、検査、筋肉量検査を行い、原因を徹底分析!

問診、検査、筋肉量検査、を行い坐骨神経痛の原因を徹底分析!

 

②筋肉調整、背骨・骨盤矯正でバランス、歪みを取り除きます!

当、整骨院独自の筋・関節アプローチを行い坐骨神経痛を引き起こす原因の筋や関節を調整し、神経の絞扼(締め付け)を取り除きます。

③鍼灸施術も有効です

坐骨神経痛には鍼灸施術も有効とされています。
坐骨神経は身体の深部(深い所)を走行しており、筋のマッサージ等では中々坐骨神経付近まで届かせる事が難しく、その場合は鍼施術を行う事により深部(深い所)の組織までアプローチする事ができ、深部の緊張緩和を図ります。

鍼灸施術の詳細はこちら

鍼灸施術風景

 

④体幹トレーニングで症状改善、再発予防

当、整骨院の特徴としましては運動療法を取り入れ症状を早期改善、再発予防として体幹トレーニングを提供している事にあります。施術だけではすべての筋を緩めたり、動かしたりする事は難しく、運動では運動でしか動かせない筋や関節もあります。
当整骨院では施術とトレーニング(運動療法)を組み合わせる事により、早期症状改善や再発の予防に取り組んでおります。