ぎっくり腰

このようなお悩みはありませんか?

  • 急に腰が痛くなり、動けない
  • 痛みで夜寝返りが打てない
  • 朝痛みで起きる事ができない
  • 1年で何回もぎっくり腰になる
  • ぎっくり腰をしてから腰痛持ちになった

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは急に腰に痛みが出る症状で「急性腰痛症」とも言います。

発生のタイミングは様々で
・下にある物を拾おうとした時
・椅子から立ち上がろうとした時
・くしゃみ
・重いものを持ちあげようとした時
など少しのきっかけで起こってしまいます。このきっかけが全ての元凶ではなく、そのような軽微な動きで腰の組織を痛めてしまう身体の状態だったという事です。発生するとその場から動けなくなったり、歩くことが出来ないほどの激痛が起こると言われています。

 

ぎっくり腰にも種類があり、大きく分けて3種類あります。

① 腰の筋肉の損傷(浅部組織と深部組織の2種類ある)

② 腰の関節の損傷

③ ①と②の両方の損傷

①と②はぎっくり腰の中でも軽度ですが、③になるとほとんどの方が激痛と歩行困難の症状を訴えられます。

なぜ、ぎっくり腰が起こってしまうのでしょうか?