足底筋膜炎治療

2021年08月11日

この様な症状でお困りではありませんか?

踵が痛くて歩きにくい
朝の一歩目で踵に激痛が走る
長時間歩くと踵が痛くなる
病院で足底筋膜炎と診断された
踵の痛みが中々ひかない

 

足底筋膜炎とは?

足の裏の筋肉で足底筋という筋肉があります。
足底筋に過度なストレスがかかったり、加齢による筋肉の柔軟性の欠如、急激な体重の増加等が原因で足底筋の付着部に炎症が起こり上記のような症状を引き起こすものです。

 

治療法は?

多くの方が整形外科等を受診し、湿布や痛み止め等の処方や、経過観察などの直接的な治療法がないのもこの症状の厄介な所です。
症状を発症してから、中々良くならない症状として、足底筋膜炎は【難治性疾患】にも分類されています。

 

三宮 鍼灸整骨院KAIは足底筋膜炎に特化した施術を提供!

先ほど【難治性疾患】としてご紹介したこの足底筋膜炎、当院では確実に改善が見込める施術をご提供しております。

その施術法は【ショックウェーブ療法】です。

 

ショックウェーブ療法とは

対外衝撃波治療、衝撃波治療、圧力波治療とも呼ばれています。
【衝撃波】を使って足底筋膜炎の原因である筋や腱を細かく破壊し、固くなった組織や分厚くなった組織を新しく新生させていくものです。
足底筋膜炎の原因の筋や腱が新生されれば、炎症を引き起こす要因がなくなるわけですので症状が改善されていくということになります。

ショックウェーブ療法を8回前後施術する事により、多くの方が改善を実感されています。

 

施術の間隔は?

ショックウェーブ施術の後は、5日間必ず間隔をあける必要があります。
何故かと言うと、組織を破壊する施術ですので、組織の回復に5日間必要となってくるからです。
ですので大体1週間に一度の施術を全8回行っていきます。

 

神戸市で足底筋膜炎治療をお探しの方、三宮駅前にある三宮鍼灸整骨院KAIへご相談下さいませ。

足底筋膜炎治療専門ページはこちら

当院のオフィシャルページはこちら

 

三宮 鍼灸整骨院KAI
住所:
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目7-18
M.H.BLDG 11F
078-333-1122